×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外旅行に持っていくもの

海外旅行に持っていくもの1/2/3/4

海外旅行に持っていくもの1

海外旅行の必須アイテムは、パスポート、航空券(引換券)、海外旅行保険、トラベラーズチェック(T/C)、現金、マイレージカード、クレジットカードですね。
それに加えて海外旅行に持って行くといいものというのが、あります。
海外旅行のホテルは、よっぽど高いツアーの高級ホテルでもないかぎり、アメニティーグッズは基本的になく、バスローブもないようです。
日本の身ひとつで旅行に行ける感覚でいると、たちまち困ってしまいますので、日頃使っているものをなるべくもっていくようにしましょう。
髭剃り、パジャマ、スリッパなど。
日本の旅館には当たり前にある物なのですが。
リンスインシャンプーは、体も洗えて便利ですし、シャツだけ洗濯するときなんかは、使えます。
かさばる衣類は、圧縮袋を持っていきましょう。
国内旅行と海外旅行が事情が違うのは、もっとあります。
電気のV単位が違うので、変圧器の類が要ります。
また、水道水は飲めないのは周知のことで、浄化薬品の分封が要ります。
滞在先が都会であれば、コンビニでミネラルウォーターが買えますが。

海外旅行に持っていくもの2

海外旅行の荷物をできるだけ減らすのに、衣類の圧縮袋、使い捨て下着があれば便利です。
なんだったら、形状記憶シャツにして、前日に洗っておくとよく乾いてくれます。
まあ、湿気の多い東南アジアなんかはムリですが。
常備薬の類、風邪薬・胃腸薬・鎮痛薬・目薬(抗生剤入りとかゆみ止めと)・抗生物質(かかりつけ医に今度海外旅行に行くんだといって、出してもらいましょう。)があれば、大幅にラクになります。
慣れない海外旅行先の現地に限って体調トラブルがある場合も想定しましょう。
医師にかかりにくいし、かかれる場合でも、待たなければいけない場合も多いです。
待っている間の苦痛をやわらげてくれることはどんなにありがたいことか。
海外旅行先では、レストラン、コンビニ、ドラッグストア等が、日本ほどいつでも開いているなんて、感覚でいると、大変な目にあいます。
ですので、携帯用非常食、アメを持って行ったほうがいいでしょう。
チョコレートは高温で溶けてしまいますのでNGです。
フライトが、真夜中に着くものだったり、現地での移動が遅くなったりする場合もあります。
そのときに、日本のような気分でいると、空腹に襲われることになります。
もし、海外旅行のパックツアーで大都会にばかり行くのでしたら、モノはほとんど現地調達すれば荷物が減ります。
でも、不便なところに旅行に行くのでしたら、必要なモノはもって行きましょう。



海外旅行に持っていくもの3

海外旅行には、マイスケジュール帳を作って持っていく事をオススメします。
スケジュール帳は、かさばるものはご法度でコンパクトなものに限ります。
スケジュール帳に書いたり、コピーを貼り付けるものは、ホテル名、パスポートコピー、クレジットカードの両面コピー、ラベラーズチェック(T/C)のコピーとチェック番号、住所、電話、名所の諸情報、ライト番号と出発時間等です。
そこの地図の縮小コピーもあればいいですね。
最近は携帯電話の海外旅行向け各種サービスもありますが、機械はこわれたりしますので。(水に濡れたりするかもしれません。)
例えば、海外旅行の自由行動でタクシーで移動するときだと、ドライバーに伝えたくても発音が難しくて伝わらない場合もあります。
こんな時にマイスケジュール帳が威力を発揮します。
英文をスラスラ読める人でも、海外旅行先の発音は、方言があって聞き取れない事も多いのです。
ニンテンドーDSに発音トレーニングがあるくらいですから。
電車のチケットを購入するのでも、同じ理由で、海外旅行出発前に目的地と時刻表、運賃を調べ、それをメモまたは縮小コピーしてスケジュール帳に貼り付けておくといいと思います。
切符を購入するときにそのメモを窓口で見せれば確実です。

海外旅行に持っていくもの4

1週間程度の短期の海外旅行なら全て機内持ち込み荷物にしたほうが以下の理由でオススメです。
長期にわたる海外旅行でも、ツアーならばだいたいお便利な大都市が多いので、現地調達したほうがいい場合もあります。
持ち込み荷物のサイズは規定されていて、そのサイズを一個だけです。
チェックインも出入国でもかなりの手間を節約できます。
海外旅行で待ってる時間は長く感じられるものです。
他の人が受け取り口で突っ立っている間、コーヒーでも飲みましょう。
チェックインの時は、預ける荷物がない人のための専用チェックインカウンターがあることが多く、混雑している空港でも専用カウンターは、空いているのでチェックインがすぐにできます。
荷物がかさばると、免税店など混雑している場所での買い物もたいへんだし、動きがにぶくなって、海外旅行で客とわかり、スリの格好のターゲットになってしまいます。
また、あとあとの海外旅行ために、1日に使った夕食代、ホテル代、タクシー代などの金額をつけておくと、予算を立てるのに役に立ちます。
この時、携帯電話は壊れることもあるので携帯電話のメモ機能を使うのはやめて、なるべく手書きにした方がいいでしょう。


リンク集: link1link2link3

 

テレビテニス